ある小説でこんな文章を読みました。

「物語の中に拳銃が出てきたら、それは発射されなくてはならない」

 

Check truncation

 

ずいぶん長い間、私はチェック・トランケーションについて考えてきました。

分かったことは、私にとってそれは実現されなくてはならないもの。

いつのまにかライフワークの一つになりました。

 

チェック・トランケーションのこと、一緒に考えてみませんか。

 

                       2013年1月1日 河野憲嗣